オキシドールで歯を白くする

MENU

オキシドールは歯科医院のホワイトニング剤と同じ成分!?

歯科医院で使われているホワイトニング剤の主な成分は過酸化水素水で、FDA(米国食品医薬品局)で安全性が認められているそうです。

 

家庭用の消毒剤として売られているオキシドールも科酸素水素水。つまり同じ成分(分子式H2O2)なのです。

 

また、色柄物用の洗濯用酸素系漂白剤も過酸化水素の力で衣類の黄ばみを取り除いています。これらの違いは濃度にあります。

 

  • 歯科医院のホワイトニング剤 15%〜35%(この他に増粘剤や触媒が加えられている)
  • 家庭の消毒剤オキシドール 3.5%(他にフェナセチン、リン酸といった添加物が使われている)
  • 洗濯用酸素系漂白剤 3%〜5%(さらに汚れを落とす洗剤や助剤が加えられている)

このように過酸化酸素の濃度や添加物の違いで使用目的が異なっています。

 

歯科医院では、15%〜35%の濃度の過酸化水素水が含まれたホワイトニング剤を塗布した後、専用のライトを照射して成分を活性させ強力に歯の黄ばみを落とします。

 

 

オキシドールは濃度が低い上に一般家庭では専用のライトを当てることもできませんから、はっきりと歯を白くすることは難しいでしょう。

 

しかし、歯科医院で受けたホワイトニングの効果を長持ちさせる効果は見込めるかもしれないという見解はあるようです。

 

 

 

オキシドールは口の中に入れても安全なの?

歯科医院で使われているホワイトニング剤は増粘剤の働きで口の中にダラダラ垂れてくるということはありません。

 

少量飲み込んでしまっても唾液や消化物質に反応して水と酸素に分解されるため毒性はないとされています。

 

オキシドールも少量なら分解されるため無害といえそうですが自己判断は禁物!稀に舌が黒くなる黒毛舌(こくもうぜつ)という副作用が起こることが指摘されています。

 

これはオキシドールによって口腔内の細菌バランスが崩れたり異常繁殖したりすることが原因と考えられています。

 

抗生物質、ステロイド剤、抗がん剤などの治療で口腔内の細菌バランスが崩れた時にも舌が黒くなることがあるそうです。

 

オキシドールを口の中に入れる場合は医師、薬剤師、歯科医師に相談してください。

 

 

歯を白くする方法の裏ワザや豆知識

歯を白くする方法関連ページ

メラミンスポンジで歯を磨いて白くする方法
メラミンスポンジといえば「激落ち君」の商品名で人気の汚れ落としのスポンジですが、歯の黄ばみも落とせるというという裏ワザが話題になっていますが・・・
PMTCとは
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)について
重曹を使った歯のヤニを落とす方法
重曹を使って歯のヤニを落とす方法を紹介。メリットやデメリットもあります。