重曹を使った歯のヤニを落とす方法

MENU

重曹を使って歯のヤニを落とすメリットとは

タバコのヤニを重曹で取る

  1. 安価で入手できる
  2. 環境にやさしい
  3. 虫歯予防につながる
  4. いろいろな使い方ができる

重曹を使って歯のヤニを落とすとこのようなメリットがあります。

 

特に安価で入手できる点は大きなメリット!1kg入りの重曹は500円前後で購入できますから、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉よりもはるかに安く購入できます。

 

 

歯磨き粉に配合されていることがあるマイクロビーズはツルツルの仕上がりになりますが環境汚染の高さが指摘され欧米では規制が進んでいます。

 

重曹は海や地中にも存在する弱アルカリの天然ミネラルといわれることから、環境にやさしいといわれています。

 

重曹は虫歯の原因となる酸を中和させることから歯の再石灰化を促し虫歯予防に役立つそうです。

 

食品添加物の重曹であれば、料理やお菓子作りにも使えます。重曹が持つ研磨作用で汚れを落としたり、ニオイを吸着する働きでエアフレッシュナーとしても使えます。

 

ヤニ落とし以外にも応用できるメリットがあります。

 

 

重曹を使って歯のヤニを落とすデメリットとは

  1. 研磨作用で歯茎にダメージを受ける
  2. たんぱく質を溶かす作用で歯茎に悪影響
  3. 体質によっては使えない

重曹の粒子は細かく水を加えると丸い結晶になります。穏やかな研磨剤として掃除に使われるのはこのためです。

 

重曹の粒子よりも歯のエナメル質の方が硬く傷にはならないという説があります。

 

 

しかし重曹を歯茎に当ててブラッシングをすると研磨作用で歯茎にダメージを受ける心配があります。

 

また、重曹はたんぱく質分解作用があり歯茎のたんぱく質にダメージを与えてしまうことも指摘されています。

 

重曹はナトリウムですから、高血圧や腎臓病の治療を受けている方は自己判断で使ってはいけません。

 

 

実際のところ重曹で歯についたヤニを落とせるのか?

実際に重曹で歯のヤニ取りをやってみた方は、少しずつ歯が白くなってきたそうです。

 

早い方では3日ほどで歯の白さが実感できたという方もいて少なからず効果があるようです。

 

 

しかし、歯茎へのダメージを考えると長期的な使用には疑問が残ります。

 

薬事法に則って製造されているホワイトニング歯磨き粉の方が安心といえるでしょう。

 

厚生労働省認可のホワイトニング歯磨きはランキング1のコレ!

 

 

 

歯を白くする方法の裏ワザや豆知識

歯を白くする方法関連ページ

オキシドールで歯を白くする
オキシドールは歯科医院のホワイトニング剤と同じ成分!?オキシドールは口の中に入れても安全なの?の疑問にお答えします。
メラミンスポンジで歯を磨いて白くする方法
メラミンスポンジといえば「激落ち君」の商品名で人気の汚れ落としのスポンジですが、歯の黄ばみも落とせるというという裏ワザが話題になっていますが・・・
PMTCとは
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)について