歯医者のホワイトニング 持続期間

MENU

歯医者のホワイトニングにかかる費用と特徴

歯医者で行われている歯のホワイトニングの方法はいくつもあり、費用の差が大きいのが実情です。

 

厚生労働省の認可のもとで行われている安全が確保された歯のホワイトニングにかかる費用と特徴を知っておきましょう。

 

 

ビヨンドシステム

歯のホワイトニングの中でも安全性と効果の調和が取れているとされ日本人に向いているという見解があります。

 

過酸化水素水が含まれるホワイトニング剤を塗布しビヨンドライト(ハロゲン光やレーザー光)を照射します。

 

ビヨンドシステムの費用は20,000円〜50,000円ほどかかるのが一般的です。

 

レーザーホワイトニング

アルゴンレーザーを用いた歯のホワイトニングです。

 

ホワイトニング剤を活性させますが歯髄へのダメージが少ないとされています。

 

アルゴンザーザーの機材が高額なため歯のホワイトニングにかかる費用がやや高く1本20,000円前後かかるのが一般的なようです。

 

メタルハライドホワイトニング

日本で広く行われているホワイトニングのひとつでメタルハライドというプラズマライトを照射しホワイトニング剤を活性させます。

 

かなりの高熱が発生し、歯茎にあたると色素沈着が起こり日焼けのような症状があらわれることもあるようです。

 

メタルハライドホワイトニングの費用は1本10,000円前後かかるようです。

 

 

 

歯医者のホワイトニングの持続期間は?

歯医者のホワイトニングは、強力なホワイトニング剤を活性させて歯を白くしているため1回の施術で効果を実感できるのです。

 

元々の歯の黄ばみの程度やどのぐらい白くしたいかという希望、ホワイトニングの施術方法で持続期間は異なります。

 

 

ホワイトニング施術前から2段階ほど歯を白くしたホワイトニングの場合の持続期間は1〜2ヶ月程度。

 

継続してホワイトニングを受けて納得のいく白さを手に入れた場合、元の歯の色に戻るまでの期間は3〜6ヶ月といわれています。

 

ホワイトニングの持続期間は、食べたものや加齢による変化などが影響しているため個人差が大きいのです。

 

 

東京都内でおすすめのホワイトニング歯科(恵比寿・代官山の近くです)

 

◎たった1回の通院で白い歯になれる!と話題の最新のホワイニングをやっています。

 

 

1回の通院で輝く白い歯に!【ホワイトニング東京】

 

 

 

歯医者で受けたホワイトニングの効果を持続させる方法

せっかく高いお金を払って手に入れた白い歯です。毎日のケアでホワイトニングの効果を長く保ちましょう!

 

特におすすめなのは、歯を白くする歯磨き粉を用いる方法です。

 

ホワイトニングを受けた後、歯科医院で歯磨き粉をすすめられることがあるのでそれを利用すると手軽です。

 

しかし歯科医院ですすめられる歯磨き粉は高額な上に、きれた場合はわざわざ歯科医院に出向く煩わしいと感じることも。自分で入手しやすく値段に納得できるものを選ぶのも良いでしょう。

 

 

ハイドロキシアパタイトポリアスパラギン酸リンゴ酸メタリン酸といった歯を白く保つ効果の高い成分が配合されている歯磨き粉で毎日磨くのがおすすめです。

 

歯を白くする歯磨き粉を選ぶ際は「○○ホワイト」「輝く白い歯」というようなパッケージの表示を鵜呑みにしないことが大切ですね。

 

確実に歯を白くする成分が配合されている歯磨き粉を選ぶことで、歯医者のホワイトニングの持続期間を長く保つことができるのです。

 

歯医者さんでホワイトニングしてもらった後の白さキープにもおすすめの自宅用ホワイトニング

審美歯科などで、せっかく歯を白くしてもらったのにお茶やコーヒーなどでまた徐々に歯が黄ばんできてしまいます。
そうならないために、ホワイトニング成分の入った歯磨きにかえるのが効果的です!

 

>>【プレミアムブラントゥース】の商品情報ページはこちら<<

 

この歯磨きジェルは、審美歯科などでホワイトニングの処置をしてもらった後の歯の白さ維持にイチオシです!

 

 

すぐに歯を白くする方法まとめ〜1日で歯を白くする方法も!?

歯を白くする方法関連ページ

歯を白くするマニキュア
歯のマニキュアのメリットやデメリットと効果的な歯のマニキュアの効果的な使い方について
自宅で手軽にできるホームホワイトニング
ホームホワイトニングとは?ホームホワイトニングのメリットとデメリットについて