歯を白くするマニキュア

MENU

歯のマニキュアの種類

爪に塗るマニキュアのように歯に専用の薬剤を塗って歯を白くするのが歯のマニキュアです。

  1. 市販品を使ったの歯のマニキュア
  2. 歯科医院で受けられる歯のマニキュア

歯のマニキュアは市販品のマニキュアを使う方法と歯科医師の診断の元で行われるマニキュアの2種類があります。

歯のマニキュアはマウスピースを作る必要がなく、差し歯や銀歯といった治療済みの歯があっても手軽に歯を白くすることができます。

 

市販品は概ね1,500〜2,000円で購入でき、歯科医院での歯のマニキュアは歯1本につき3,000円前後かかるのが一般的。
歯のホワイトニングの中でも安価で手軽な点が魅力です。

 

歯のマニキュアのメリット

歯を白くするマニュキュアは何といっても手軽で安価な点が大きなメリットです。

 

市販の歯のマニキュアは品質が高まっているためちょっとした歯の黄ばみをカバーをでき、歯医者に行く時間がなかなか取れない方やできるだけ歯のメンテナンスにかかる費用を抑えたいという方に人気です。

 

商品によっては、白さの程度を選べることができるので上手に使いこなすことができれば自然な仕上がりになります。

 

 

歯科医院で行われる歯のマニキュアは主にホワイトコートという方法で行われています。

 

爪のマニキュアのように、ベースコート、ホワイトコート、トップコートと重ねて塗っていくのが特徴で市販の歯のマニキュアよりもムラになりにくく、より完成度の高い自然な仕上がりになる点が大きなメリットといえます。

 

 

歯のマニキュアのデメリット

市販の歯のマニキュアは持ちが悪く数時間から数日で効果が薄れてしまうのがデメリットです。

 

こまめに塗り直しができる方やデート前や会議の前など一時的に歯を白くしたい方には向いていますが、長時間歯の白さを保持したいという方には向いていません。

 

また、市販の歯のマニキュアは鏡を見ながら自分で塗っていくため角度や光の加減によってはムラになりやすい点もデメリットとして挙げられます。

 

歯科医院での歯のマニキュアは市販の歯のマニキュアよりも長持ちしますが、数週間から1ヶ月で剥がれ始めます。白さを保つには小まめにメンテナンスを受ける必要があります。

 

しかし、歯のマニキュアを行っている歯科医院が少ないのが現実。

 

歯科医院では歯のマニキュアよりも本格的な歯のホワイトニングを受けた方が、より満足のいく歯の白さを手に入れることができるといえるでしょう。

 

 

すぐに歯を白くする方法まとめ

歯を白くする方法関連ページ

歯医者のホワイトニング
歯医者のホワイトニングにかかる費用と特徴や歯の白さが続く持続時間について
自宅で手軽にできるホームホワイトニング
ホームホワイトニングとは?ホームホワイトニングのメリットとデメリットについて