薬用ちゅらトゥースホワイトニング 歯の黄ばみ

MENU

歯が黄ばんでしまった方におすすめのちゅらトゥースホワイトニング!選ぶ理由とは

歯の黄ばみを落とす

 

歯の黄ばみを取るために薬用ちゅらトゥースホワイトニングがとてもおすすめなのですが、そのおすすめの理由の前に歯が黄ばむ原因を知ることでちゅらトゥースホワイトニングの良さがわかりやすくなるので、先に解説していきますね。

 

 

歯が黄ばんでしまうのは、普段口に入れている食べ物や飲み物の影響がほとんどです。むしろこれ以外の歯が黄ばむ原因はまれです。(テトラサイクロン歯という抗生物質が原因の歯や、歯のエナメル質が薄くなって象牙質の黄色っぽい色が透けて見える歯は除く)

 

歯の着色汚れ(ステイン)の原因とよく言われているもの

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • ワイン
  • カレーライス
  • ケチャップ
  • 食品添加物の着色料
  • タバコのヤニ
  • など

 

食べ物や飲み物を口にするのは当たり前なので、誰でも歯が黄ばむ可能性があります。

 

歯の黄ばみが食べ物や飲み物の影響で起こりやすいことをイメージしやすいのが「茶渋」です。

 

 

お茶を入れる急須にお茶の出しがらを入れたまま入れて置いたり、お茶を飲み残したままの湯飲み茶わんは使っているうちに、洗っても落としにくい汚れが蓄積されていきますよね?

 

これと同じことが口の中でも起こっているのです。

 

食べてすぐ歯磨きすれば大丈夫!?
急須も湯飲みも、放置せずにすぐに洗えば茶渋がつきにくくなるように、歯もステインの原因になりやすい食べ物や飲み物を口にしたあと、すぐにハミガキをすれば黄ばみにくくなります。

 

でも実際は家にいるとき以外は食後すぐにハミガキをすることはあまりありませんよね?

 

職場のランチや残業中に食事をとる場合、休日のデートでご飯を食べた後などこまめにハミガキをしている人は少ないと思います。

 

ましてや、コーヒーやお茶を飲むたびにハミガキをする人なんているでしょうか??

 

 

そんな人、今まで出会ったことありませんよね??

 

また、ハミガキをこまめにしても歯が黄ばみやすい人もいます。それはどんな人かといいますと・・・

 

ハミガキを毎日欠かさず行っている人のなかに意外といたりします。

 

ハミガキをすること自体は歯の黄ばみを防ぐうえでとても効果的なのですが、ハミガキするときに使っている「ハミガキ粉」に原因があるのです。

 

 

答えをいいますと、「歯を白くする」と書いてあるハミガキ粉の中には細か〜い研磨剤が配合されているタイプの商品が売られています。(ホワイトニングハミガキの中でも価格が安い商品に多いです)

 

 

この研磨剤は歯の表面についた着色汚れを落としてくれる反面、歯の表面に細かいキズを無数につけてしまうというデメリットがあります。

 

歯の表面がなめらかでツルツルの状態よりも細かいキズが多くてザラザラの状態ではどちらの歯に汚れが付きやすいかは、簡単に想像できます。

 

研磨剤入りのハミガキで丁寧に磨けば磨くほど、着色汚れが付きやすく、落としにくい歯になっているということになってしまいます。

 

研磨剤入りのハミガキ粉は、歯磨きすることで歯がきれいになるのが目に見えてわかるので手放せない人も多いですが、すぐに使うのをやめてください。

 

 

そして、歯に付いた黄ばみの原因となっている着色汚れを歯から浮かせて落とす働きのある、PAA(ポリアスパラギン酸)リンゴ酸を配合したホワイトニング用ハミガキに変えてください。

 

 

歯に付いた普通の汚れを落とすのは、歯ブラシのブラッシングの力だけで十分です。

 

茶渋のように歯に強く付着してしまった黄ばみ汚れ、ステインの除去には、歯の表面と着色汚れの間に入り込み剥がして落とすタイプの研磨剤フリーのハミガキ粉を使うことが歯を白く保つために最もおすすめです。

 

◎歯と歯茎にダメージを与えない!黄ばみを浮かせて落とすホワイトニング歯磨き

真っ白な歯に【薬用ちゅらトゥースホワイトニング】

 

 

 

なぜ薬用ちゅらトゥースホワイトニングが歯の黄ばみを落とすのにおすすめなのか?

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤のチカラを借りて黄ばみなどのステインを落とすのではなく、配合している成分のチカラによって歯から汚れを浮かせて落とすタイプのハミガキだからです。

 

歯の黄ばみを落とす薬用ちゅらトゥースホワイトニング

 

タンパク質が原因の葉の黄ばみ汚れを落とすPAA(ポリアスパラギン酸)が入っている

ポリアスパラギン酸はたんぱく質と反応して吸着するという性質があります。

 

このタンパク質と吸着する効果により、食べ物や飲み物が原因の歯の黄ばみ(着色汚れ)に吸着してしっかりと包み込み、歯から剥がれ落とすことによって歯の黄ばみ汚れを除去します。

 

 

リンゴ酸が黄ばみなどの着色汚れを浮かせて落とす

リンゴ酸は文字通りリンゴやパパイヤなどのフルーツに含まれている「酸」の一種で、自然の食べ物に含まれていることで安全な成分です。

 

リンゴ酸の効果は、歯と汚れの間に浸透することで黄ばみなど着色汚れを歯から浮き上がらせて取り除くという働きがあります。

 

これらの歯を白くするための成分の働きを家庭用の洗剤に例えると、ゴシゴシこすらなくても油汚れを包み込んでサラっと簡単に落としてしまうようなイメージですね。

 

 

歯の黄ばみを落とすために日ごろから心がけること

 

まず歯にステインが定着しないようにする。
  • 食事の後はハミガキすることがベストだが、出来ない状況の時は、食後にお水で歯をすすぐようにして飲むと良い。(すすいでるように見えないようにスマートに!)
  • コーヒーやお茶を飲むときも最後に水を飲んで、着色成分を口の中に残さないようにする。

 

毎日のハミガキで注意すること
  • 研磨剤入りのホワイトニング用歯磨きをするやめる。
  • ハミガキに使う歯磨き粉は物理的にこすったり磨いて落とさなくてもよい汚れを吸着するタイプのホワイトニング用ハミガキを選ぶ

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤を使っていないおすすめのハミガキ

 

歯の黄ばみをしっかりおとして白い歯になるために、手っ取り早いのが研磨剤ですが、後々のことを考えると歯の表面を削ることや細かいキズによってさらに黄ばみやすい歯になってしまうことが嫌ですよね。

 

やはり、リンゴ酸やポリアスパラギン酸の力で歯から黄ばみ汚れを吸着して落とす薬用ちゅらトゥースホワイトニングを強くおすすめします。

 

1日2日で効果が目に見えるわけではありませんが、(逆にすぐに白くなるようなハミガキは怖い)継続して使用することで落ちにくいステインや黄ばみがきれいに落とせます。

 

ぜひ、ただしいハミガキで歯を白くしてください。

 

ちゅらトゥースホワイトニング使ってます!

 

◎初回購入時にもらえるワンタクトブラシは歯の間など細かい部分にも届くのでおすすめ!

 

いつプレゼントから無くなってしまうかわからないで、あるうちに購入してください。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの詳細や購入はコチラ

 

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの口コミ・効果まとめ

 

 

 

 

 

歯を白くする方法関連ページ

ちゅらトゥースホワイトニングは綿棒で効果が!?
ちゅらトゥースホワイトニングは着色汚れの沈着した歯を白くする効果のある成分が入っている歯磨きジェルですが、歯ブラシよりも綿棒を使ったほうがホワイトニング効果が高いとのうわさが!
ちゅらトゥースホワイトニングの口コミでダメだった人
ちゅらトゥースホワイトニングを使って歯が白くなったという口コミを投稿する人もいる中、全然ダメ!歯が白くならない!っていう人もいます。この効果や評価の違いってなんでしょう??