電動歯ブラシで歯を白くする方法

MENU

電動歯ブラシで歯を白くすることができるって本当!?

結論からいうと、電動歯ブラシで歯を白くすることはできます。ただし様々な条件によって異なるため必ずしも真っ白な歯を手に入れることができる訳ではありません。

 

電動歯ブラシで落とせるのは歯の表面に付いた着色汚れです。

 

歯の内部まで汚れが染込んでいる場合や、神経を抜いた時に起こりやすい歯の内側からの変色は電動歯ブラシでは白くすることはできません。

 

 

歯の表面に付いた着色汚れが蓄積してこびりついている場合は、電動歯ブラシでも白くするこは難しいといわれています。

 

その日についた着色汚れをその日のうちに落として歯を白くするという意味では、電動歯ブラシはおおいに役に立つといえるでしょう。

 

 

電動歯ブラシが向いているタイプとは?

  1. 紅茶や赤ワインなど着色汚れの原因になりやすい飲み物を好む方
  2. 歯並びが悪く磨き残しが気になる方
  3. 短時間でお口のケアを行いたい方

電動歯ブラシは短時間で歯の汚れを落とせるのが魅力です。

 

毎日のように紅茶やウーロン茶を飲む方は着色汚れがつきやすいといわれています。毎日電動歯ブラシを使うことでその日の汚れを効率よく落とし白い歯を保ちましょう。

 

 

歯並びが悪い部分は磨き残しが気になるところ。磨き残しが続くと歯の黄ばみが目立つだけでなく虫歯や歯周病を引き起こす心配があります。

 

ヘッドが小さい電動歯ブラシで角度を変えながら磨くのがコツです。

 

 

電動歯ブラシのデメリット

歯を白くしたいという思いから、たっぷり歯磨き粉をつけて電動歯ブラシを強く歯に押し当てるように使うと歯や歯茎のトラブルを招いてしまうことがあります。

 

強い力で歯を磨くと歯茎が磨り減る歯茎退縮、歯そのものが磨り減る楔状欠損が起こる心配があります。

 

力加減を間違えるとこのようなトラブルが起こることが電動歯ブラシのデメリットです。

 

電動歯ブラシを使いこなすには、研磨剤が入っていない歯磨き粉を選んで磨き過ぎに気をつけることが大切です。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング、薬用トゥースMDホワイト、薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパールなど、研磨剤不使用で歯を白くする成分が配合されている歯磨き粉がおすすめです。

 

研磨剤不使用のおすすめホワイトニング歯磨きBEST3はこちら!

 

 

毎日のケアで歯を白くする方法

歯を白くする方法関連ページ

ステインを除去して歯を白くする歯磨き粉
芸能人も使ってる!?ステインを除去する成分が入っている歯磨き粉を選ぼう!
歯を白くするガム
歯みがきガムとも呼ばれるガムは、歯を白くするというよりも白い歯を保つのに役立つといえます。