着色汚れの予防と落とし方

MENU

ワインやコーヒーの着色汚れを予防するには

赤ワイン、コーヒ、紅茶、ウーロン茶などは歯を黄ばませます。

 

お茶を湯のみに入れっぱなしにしていると茶渋が付着するのと同じで、歯には着色汚れがついてしまうのです。

 

 

着色汚れは主に赤ワインや紅茶などに含まれるタンニンが歯に付着することが原因とされています。

 

カレーやミートソースの色素は唾液に含まれるカルシウムなどの金属イオンと結びついてはにこびりついてしまいます。

 

 

着色汚れを放置していると、本来はツルツルしているはずのエナメル質がザラザラになりプラークや歯石が付きやすくなってしまうのだとか。

 

こうなってしまうと黄ばみだけでなく、口臭や虫歯に進行してしまう心配があるのです。

歯の着色汚れを予防するには、タンニンが含まれている飲み物を控えることがひとつの方法です。
1日に数杯飲むのが習慣になっていることも珍しくなく、飲む量は減らせても完全にやめるのは難しいのが現実です。

 

 

手軽に歯の着色汚れを予防するには、タンニンが含まれる飲み物やカレーやミートソースなどの色の濃い食べ物を口にしたら唾液の分泌を促す方法があります。

 

唾液には歯に汚れが付着するのを防ぐ効果があるとされています。

 

食後にガムを噛むと唾液の分泌が促されます。おすすめはキシリトールとメタリン酸ナトリウムが配合されているシュガーレスガム。

 

ガムを噛むことで唾液が分泌され、唾液とメタリン酸ナトリウムの相乗効果で着色汚れを予防できるのだそうです。

 

 

着色汚れを効果的に落とす方法を教えて!

歯についた着色汚れをセルフケアで対処するには、着色汚れの除去を助ける効果の高いポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸が配合された歯磨き粉がおすすめです。

 

 

ポリアスパラギン酸やポリリン酸ナトリウムは歯の表面と着色汚れの間に入り込み汚れを浮かせる働きがあります。

 

1回の使用ではなかなか歯が白くなるのを実感できませんが、毎日のケアに取り入れることで少しずつ歯が白くなってきたと感じる方が多いようです。

 

何ヶ月、何年もかけて蓄積された着色汚れですから、綺麗になるまでに時間がかかるのは仕方ないなという気持ちで気長に磨いていきましょう。

 

厚生労働省認可の歯を白くする成分が入った歯磨きはこちら!

 

手っ取り早く歯の着色汚れを落とすのであれば、歯科医院のホワイトニングやクリーニングがおすすめです。

 

ホワイトニングは20,000円〜50,000円の費用がかかってしまいますが、歯の内側まで浸透した汚れまで綺麗にできるのが魅力で1回の施術で白さを実感される方がほとんどです。

 

歯のクリーニングは歯の表面の汚れや歯石を取り除いてもらえ、おおむね3,000円前後で行われています。
芸能人やモデルのような歯の白さにはなりませんが、汚れのないスッキリした歯を取り戻すことができます。

 

たばこのヤニや食事でつく歯の着色汚れについて

歯を白くする方法関連ページ

歯についたタバコのヤニをとる方法
セルフケアで歯に付いたヤニをとる方法や歯医者のホワイトニングよりも安価でヤニをとる方法などを紹介!
ステイン除去におすすめの歯磨き粉
ステインを落とす効果のある歯磨き粉の特徴と選び方について
市販の歯磨き粉でヤニを落とすリスク
市販のプチプラな歯磨き粉で歯を白くする!って書いてある商品のほとんどには、研磨剤が入っています。研磨剤入りの歯磨き粉で歯を磨き続けると・・・