歯を白くする方法

MENU

歯を白くする8つの方法を紹介!それぞれにメリットとデメリットもアリ!?イチバンおすすめの歯を白くする方法とは?

笑った時に見える白い歯は、その人を美しく見せてくれます。

 

若々しい、誠実、清潔感といった魅力も兼ね備えています。反対に着色汚れやたばこのヤニがついた歯は、不衛生でだらしのない印象を与えてしまい魅力的な口元とはお世辞にも言えません。

 

面接や営業で好印象を与えたい、彼氏や彼女にもっと好きになってもらいたいという時、白い歯はあなたを美しく見せてくれる心強い味方になってくれることでしょう。

 

最近は、ファッションや身だしなみの一環としても白い歯への関心が高まっています。

 

多くの人が魅力的な白い歯に憧れる中、歯科医院のホワイトニング料金の高さや通院する時間の確保の難しさで一歩踏み出せずにいます。

 

また、市販のホワイトニング歯磨き粉はどれを選べばよいか分からないという声も耳にします。

 

そこで、歯科医院のホワイトニングの基礎知識や市販のホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時のポイントをメインに、これからホワイトニングを受ける方や自宅でできるホワイトニングをお探しの方のお役に立つ情報をまとめました。

 

一人でも多くの方が白い歯で魅力的な笑顔になることを願っています。

 

 

 

歯医者で行う歯のホワイトニング

歯医者さんが行うホワイトニングはオフィスホワイトニングといいます。

 

歯の大きさや加齢による黄ばみなどを考慮しホワイトニング剤の濃度や通院回数が判断されて計画的に行われるのが一般的です。

 

1回のホワイトニングで希望通りの白さになることは稀ですが白くなったなと目に見える変化を実感できるのが大きなメリット!

 

ほとんどの方が3回程度の通院で真っ白な歯に生まれ変わっています。

 

 

歯科医院のホワイトニングでもホワイトニングサロンでも20,000円〜50,000円ほどの費用がかかるのがオフィスホワイトニングの大きなデメリットといえます。

 

せっかく高いお金を払っても半年から1年程度で再び黄ばんでくるためタッチアップを煩わしいと感じる方もいるようです。

 

 

過酸化水素を使ったホワイトニング

歯医者さんが使うホワイトニング剤の主成分は過酸化水素水です。

 

歯の状態やどのぐらい白くしたいかという希望で異なりますが15%〜35%の濃度のものが使われています。

 

 

過酸化酸素は35%の濃度までなら人体に無害とされており、30%以上の濃度だと劇薬として取り扱われるため一般人が入手する際は身分証や印鑑が必要になります。

 

過酸化水素水が主成分のホワイトニング剤はFDA(米国食品医薬品局)で安全が認められています。
誤って飲み込んでしまっても水と酸素に分解されるだけなので毒性はありません。

 

過酸化水素水主成分のホワイトニング剤を歯に塗布し、専用のライトを照射して成分を活性させ歯の黄ばみを漂白するのが歯医者さんのホワイトニングです。

 

まれに、強力な薬品で歯が溶けるのではないかと気にする方がいるようです。

 

 

歯のホワイトニングの研究が始まった100年ほど前は、実験に塩酸が用いられたことがあったそうです。

 

塩酸は歯を溶かすことが考えられますが、現在は過酸化水素水や過酸化尿素が主に使われているためそのような心配はありません。

 

ラミネートべニアで歯を白くする

ラミネートベニアとは、歯のエナメル質をうすく削りセラミック製のシェルを貼り付ける治療のことをいい、主に審美歯科で行われています。

 

生まれつきエナメル質がぼこぼこしている歯や抗生物質の影響で歯がグレーに変色するテトラサイクリン歯に向いている治療法と言われています。

 

ラミネートベニアはすき間のある歯の両側を少し大きくしして、すきっ歯、磨耗した歯、矮小歯の治療としてすすめられることもあります。
しかし歯が1本入るようなすき間には適していません。

 

ラインを整えることもできるためちょっとした歯並びの悪さであればラミネートベニアで治療することも出来ます。

 

 

希望の白さのシェルを貼ってもらえるためホワイトニングとしても有効です。
透明感がある自然な仕上がり、短期間で芸能人のような真っ白な歯になれるというメリットがあります。

 

歯を白くし、歯の隙間や矮小歯を治療したい方やちょっとした歯並びの悪さを補正したいという方に向いています。

 

保険適応外で1本10万円を超える費用がかかるのが一般的なので、歯を白くしたいだけであれば通常のホワイトニングの方が費用を抑えられます。

 

自宅で自分でできる歯を白くする方法

自宅で歯を白く方法として身近なのは、歯のマニキュアやホワイトニング歯磨き粉を使うことが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

 

これらの歯を白くするアイテムの利用は、高額な費用や面倒な通院がない手軽さがあり、気が向いた時や時間に余裕がある時にマイペースで行えるのが大きなメリットです。

 

特に医薬部外品の歯を白くする成分が配合されている歯磨き粉やジェルは毎日の歯磨きで使うだけなのでおすすめです。

ネット上では歯を白くする裏技がいくつも紹介されています。
自宅で試せるところは魅力ですが、やり方によっては副作用や歯茎へのダメージが心配されるので注意が必要です。
口腔内にトラブルがある場合は安易に試さないでください。

 

 

ホームホワイトニング

歯科医院で歯型を取って専用のマウスピースを作成します。
このマウスピースにホワイトニング剤を注入し1日2時間程度装着して歯を白くするのがホームホワイトニングです。

 

市販品でもホワイトニング用のマウスピースを作れるキットがありますが、作成に手間取ったり密着度が悪かったりすることがあるようです。

 

自宅で出来るのが大きな魅力ですが、自宅で2時間もマウスピースをつけていられないという方も多いようです。

 

 

通常ホームホワイトニングに使用されるホワイトニング剤は、歯科医院で使われてるものよりずっと濃度が低い10%の過酸化尿素を含むものが使われています。

 

歯を白くしようと長時間装着したり、虫歯や知覚過敏の症状がある時に使うと強い痛みを伴うことがあります。

 

痛みが取れるまでに時間がかかったり、痛みのあまり挫折したりする方もいるため、歯科医師の指導のもとで行いましょう。

 

 

歯を白くする歯磨き粉やジェルで毎日ケア

歯磨き粉やジェルは口に入れることを想定して作られているため、自宅で出来る歯のホワイトニングとしては一番安全な方法です。

 

着色汚れを除去する効果の高いポリアスパラギン酸ナトリウムやポリリン酸ナトリウムなどの成分が配合されているものを選びましょう。

 

強力な研磨剤で歯の汚れを取るタイプの歯磨き粉は歯や歯茎を傷める心配があるため頻度を落として使うことがポイントです。

 

 

歯磨き粉やジェルは安全性が高く使いやすい点が評価されますが、肝心のホワイトニング効果は弱いのがネックです。
というのも、歯磨き粉やジェルは歯の表面の汚れを取り除くことはできますが、歯の内部まで浸透した汚れや変色を取り除くことができないからです。

 

芸能人のような真っ白な歯ではなく自然な白さを保ちたい方や歯科医院でのホワイトニングを持続させたい方に向いています。

 

手軽に使える点、安全性、効果は弱いが白い歯を維持する必需品ということを踏まえ幅広い世代におすすめします。

 

 

歯を白くする効果がある歯磨き粉や歯磨きジェルのベスト3はこちら!

 

歯のマニキュアを塗って歯を白くする

歯のマニキュアは審美歯科で行われていることもありますがあまりポピュラーではありません。

 

数日から1ヶ月程度しか効果が続かないため、高い費用を払うのであればホワイトニングを受けたほうが確実だからです。

 

 

その点、市販の歯のマニキュアは使い方によっては便利なアイテムといえます。
市販の数時間から数週間で剥がれてしまいますが、面接の前や結婚式の参列など一時的に歯を白くしたいという時に役立ちます。

 

歯のマニキュアは神経を抜いて変色してしまった歯を1本だけカバーしたいという時にも便利。
商品によっては白さを選ぶことが出来たり、治療した銀のかぶせ物まで目立たなくさせたりできるものもあります。

 

市販の歯のマニキュアは2,000円前後で購入できます。

 

 

歯のマニキュアはホワイトニングの費用を抑えられるものの、白さを保つことが出来ないのが大きなデメリットです。
塗り方を失敗するとムラが目立って不自然な印象になってしまうこともデメリットとして挙げられます。

 

このようなメリット、デメリットに納得できるのであれば大いに活用できるでしょう。

 

オキシドールを使って歯を白くする

歯科医院で使われているホワイトニング剤もオキシドールも過酸化酸素が使われていることから、自宅で歯を白くするためにオキシドールが使えるという情報があるようです。

 

歯科医院のホワイトニング剤は15%〜35%の濃度の過酸化酸素が含まれています。
一方のオキシドールは3.5%と、かなり濃度が低いことがわかります。

 

歯科医院のホワイトニング剤は一緒に配合されている増粘剤や触媒の働きで歯に密着し効率よく歯を白くすることができます。

 

しかしオキシドールはサラサラしていて歯に密着させることは難しく、歯を白くするほどの過酸化酸素が含まれていないためホワイトニング効果は期待できないといえるでしょう。

 

 

それどころか、口腔内の細菌バランスが崩れて黒毛舌(こくもうぜつ)という副作用が起こることが指摘されているのです。

 

口腔内の粘膜に刺激を与えるともいわれているため、自己判断でオキシドールを口に入れないようにしましょう。

 

口腔内の消毒を目的にオキシドールでうがいをすることがありますが、この場合は10倍に希釈するよう指導されます。

 

重曹を使って歯を白くする

重曹が持つ研磨作用で歯を白くする方法があります。

 

歯ブラシに重曹をつけて磨くだけという手軽な方法で、しかも安価で購入できる点や環境にやさしい点でも人気のようです。

 

重曹のモース硬度はおよそ2.5、歯のエナメル質のモース硬度は7とされていますから、重曹は歯にダメージを与えるほどの研磨力はないことがわかります。
しかし、歯茎や舌を傷つけてしまうリスクがあります。

重曹は弱アルカリ性なので強力ではありませんがたんぱく質を溶かす作用があります。
長時間重曹で歯を磨いていると歯茎のたんぱく質にダメージを与えることが心配されています。

 

歯の汚れを落とそうと強くブラッシングしたり、電動歯ブラシを押し当てるような使い方は特に注意が必要です。

重曹を使うと口の中がアルカリ性に傾きます。
健康な人の口腔内はほぼ中世に保たれていますが、アルカリ性に傾くと口臭や歯石の原因になるといわれているため口腔内の健康維持という点ではおすすめできません。

 

また、重曹はナトリウムが多く含まれている点も留意しておきたいところです。
心臓病や腎臓病を抱えている方や食事指導を受けている方は絶対に試さないでください。

 

実際に重曹を使った歯磨きで汚れが取れた方もいるようです。
しかし注意したい点が多くあるため重曹を使った歯磨きは万人に向いている方法とはいえないと考えられます。安全な歯磨き粉を選びましょう。

 

最も手軽で簡単に歯を白くする効果がある方法

最も安全でかつ安価に歯を白くしたいとお考えなら、歯を白くする成分が配合されている医薬部外品の歯磨き粉やジェルの使用をおすすめします。

 

歯科医院のホワイトニングのような即効性はありませんが、じっくり気長に使うことで歯の本来の白さを取り戻すと考えればこれ以上簡単で安全な方法はないといえるでしょう。

 

医薬部外品の歯磨き粉やジェルは口の中に入れても安全で取り除く効果の高い成分が使われていますから、重曹やオキシドールを口に入れるのに抵抗がある方も、お子さんがいる家庭でも安心してお使いいただけます。

 

毎日の歯磨きに使うだけなので、ホワイトニングのマウスピースを長時間装着していられない!という方にもおすすめです。

 

より効率よく歯を白くするには、医薬部外品の歯磨き粉やジェルと音波電動歯ブラシとの併用が効果的。

 

 

音波電動歯ブラシは音波を発し高速の水流を作り出して汚れを取り除く効果があり、ブラシが届きにくい歯と歯の間の汚れが気になる方に向いているそうです。

 

 

歯を白くする歯磨きランキング

 

プレミアムブラントゥースの特徴

歯の黄ばみやステインを取り除く天然のホワイトニング成分、酵素が歯の表面のたんぱく質を分解!歯の本来の白さを取り戻します。 しかも、歯垢の付着を防ぐウーロン茶エキスや茶カテキンの抗菌作用で虫歯も予防!また、オイルプリングを行うことでさらに効果が増し、一度取り除いた汚れが再付着しないからとっても安心!

価格 9,980⇒初回3,980円
評価 評価5
備考 歯の黄ばみ対策ならコレがおすすめ!
研磨剤不使用の天然のホワイトニング成分で歯を白く!お口のネバつきや口臭も防ぐことができる優れもの!
プレミアムブラントゥースの総評

歯に付着した汚れを取り除き、汚れをつきにくくしてくれるため、プレミアムブラントゥースを使い続けることで白さを実感できます。

ホワイトニングをうたった市販の歯磨き粉を使っていても黄ばみや汚れの落ちに満足できなかった方や研磨剤の怖さ知ってしまった方に特におすすめ!ウーロン茶エキスや茶カテキンも入っていて抗菌作用もあるので、歯のホワイトニングと共にむし歯リスクを減らしたい方にも選ばれている高評価の歯磨きジェルです。

 

薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパールの特徴

歯磨き粉1本でお口の悩みをトータルケアできるのが最大の特徴!黄ばみ除去を筆頭に、口臭予防、歯周病予防、歯茎引き締め、色素沈着防止、殺菌効果といったケアが行えます。歯の美白成分薬用ハイドロキシアパタイトと歯周病予防に役立つ塩化リゾチームを同時配合したのはオーラパールが日本初!歯の黄ばみと歯周病ケアができるのが魅力です。

価格 2,160円⇒1,944円
評価 評価4
備考 全国送料無料
定期コース申し込みでイオンケア歯ブラシプレゼント中!
薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパールの総評

効果実感を追及した歯磨き粉だけに、様々なお口の悩みに対応できる点が高く評価できます。日本人の場合、20代から歯周病が発症しやすくなるといわれています。歯の黄ばみが目立ち始めるのもこの世代。恋愛や就職で口元の印象が気になる世代でもあります。早めのケアで歯のホワイトニングや歯周病治療にかかる費用を抑えたい20代以降の方に特におすすめの薬用歯磨き粉です。

 

薬用トゥースMDホワイトの特徴

ホワイトニング成分として注目されているウルトラメタリン酸EXが配合されているのが特徴。歯の黄ばみやステイン汚れを取り除く効果が期待できます。頑固な10円玉の黒ずみもわずか数分でピカピカの輝きを取り戻せるほどのパワーを持っています。歯磨き粉としては珍しく返金保証がついているのも特徴!使用後でも返品できるの手軽さが魅力です。

価格 3,560円
評価 評価3
備考 回数しばりの無い定期購入なら2本セットで5,690円!(税込)
14日間返金保証付きです。
薬用トゥースMDホワイトの総評

歯磨き粉に配合される研磨剤は歯の表面を傷つけ逆に汚れがつきやすくなることが指摘されています。発泡剤はたっぷりの泡立ちで磨いた気分になっているだけということも。薬用トゥースMDホワイトは研磨剤と発泡剤が使用されていません。だからじっくりホワイトニングに専念した歯磨きが可能!家族みんなで使えるホワイトニング歯磨きとしてもおすすめします。